読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なまけのおつむ

きちんと暮らして死んでいく

神様のボート

読書
江國香織の「神様のボート」を読みおえた。

f:id:aokidanchi:20170226224936j:image

とても、とても、おそろしい小説だった。
恋のなかで、ひそやかで、一点の曇りもなく純粋に音もたてずに狂っていく母、葉子と、彼女をひとりの人間としてみつめはじめ、疑問を持ち、音もなく成長していく娘草子。
うつくしく儚く狂っているこの小説は、江國さんの仰るとおり、とても危険な小説なのだろう。
恋愛の花園のなかでパーフェクトに狂っている母葉子も、成長するにつれ違和感を覚え、もがき続ける娘草子を、わたしは愛おしいと思った。