読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なまけのおつむ

きちんと暮らして死んでいく

ニートの歩き方

読書
phaさんの「ニートの歩き方」を読んだ。といっても、経済学とか難しかったり興味のもてないぶぶんはとばしよみしてしまったのだが…。

f:id:aokidanchi:20170207020948j:image

phaさんは凄く頭のいい人なんだろうけど、難解な言葉を使わずにだれでもわかるような表現とかをつかって読みやすく書いてくれている。
あと、なんといったらいいのかわからないけど、器の大きさを感じる。phaさんはニートなんだけどべつに働いてる人を全否定するわけじゃなくて、かといってニートの素晴らしさを滔々と語っているわけでもなくて、ある意味客観的に、他人ごとのようにいろんなことを捉えていて、こんなことをいうのは妙だけど信頼できる人だと感じる。
この本はほかの著作よりもう少し「ニートとして生きていくマニュアル」感が強くて、生活保護職業訓練、住居選びやアフェリエイトなどについても実体験をもとにして紹介してくれている。ふつうに役立つし、あとここでもやっぱり傾いていない。客観的な事実を述べていて、たとえばアフェリエイトにも媚びたりせずメリットとデメリットをきちんと書いてくれているところが、やっぱり…信頼できる。
主張はあるんだけど、「〜っていう人がいるけど、ちょっと違うなーと思う」とか、文体がゆるいのだ。でもゆるさって大切だと思うし、日本なんかもうちょっとゆるくなってもいいんじゃないかな。
2年ニートして2年働くとか、なんかゆるーく行ったり来たりをできるような国になるのは遠いのかな〜なんて思う。
でもだいぶphaさんはそういう未来への貢献をされててありがたい。

phaさん、これをもし見ていたら、またたまーに本を書いてください。あんまり働くの嫌かもしれないけど。出たら買いますので。


読了2 pha ニートの歩き方