読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なまけのおつむ

きちんと暮らして死んでいく

チエちゃんと私

読書
f:id:aokidanchi:20170120132510j:image

せんじつ図書館で、よしもとばななの「チエちゃんと私」を借りた。
表紙のイラストと文章のフォントが気にいった。

読みおえてみて、なんというのか、あたりまえのように難なく過ごしている日常のなかの、誰にでもある小さなゆがみ(それは決してわるいことではなく)を、小さくゆがんだままの日常を受け入れて生きていく強さのようなものを、比較的穏やかな性質の主人公から受けた。
だれにでも小さなゆがみ、じぶんだけがすこし変わっているんじゃないか、これは障害なのかとひそかに気に病んでいることはあるはずだ。

すべてを受け入れ生きていくことは容易ではない、でもかならず可能であるのだと思った。

とくにいうが、原マスミのイラストが良い。
表紙の女がチエちゃんなのかはたまた主人公なのか、まったくかかわりのない人物なのかはわたしたちの受け取り方次第だが、曇天のもと花畑のまえで傘をさしながらまっすぐにこちらに訴えかける女にたいして、愛おしさとすこしの憎悪を感じてしまう。主人公がチエちゃんにそうだったように。


2017年読了1
チエちゃんと私/よしもとばなな